読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCで編集し、iPhoneのウィジェットで開くEvernoteの同期メモ(+AppleScript)

その他 その他-ワークフロー紹介 その他-Mac

f:id:four_or_three:20170301163307j:plain

EvernoteのノートブックをPCとiPhoneウィジェット間で同期させる方法を紹介します。
PCで取ったメモをiPhoneでさっと確認する用途に。

手順

  1. PC/MacEvernoteでノートブックを作成し、ショートカットに登録 f:id:four_or_three:20170301161010j:plain
    この作業は、メモを取るならショートカットに入れておくと楽だよねというだけのことです。

  2. iPhoneウィジェットにワークフローを配置

▼インポート
https://workflow.is/workflows/1cb44d52502a45ecbf54ea47612e8bf9

・In Notebookで手順1 のノートブックを指定
・表示する順番を変えたい場合はFilter FilesアクションのSort byを設定

動作させるとこんな感じ。

f:id:four_or_three:20170301161546p:plain:w250
    ↓
f:id:four_or_three:20170301161556p:plain:w250

OKをタップするとEvernoteでノートを開きます。

このワークフローは、単に特定のノートブックのノートを素早く開きたいという用途でも使用できます。
その場合は、Show Alertアクションを削除するといいと思います。

実行のたびにEvernote APIの帯域を消費しますので、短い時間で多用するとAPIの使用制限が発動するかもしれません(使用制限は1時間で解除)。

ノートブックを一発で開くAppleScript

BetterTouchToolやAlfred等でキーボードショートカットやキーワード起動に設定しておくと、同期メモにすばやくアクセスできます。

set THE_NOTEBOOK to "ノートブック名"

tell application "Evernote"
    if application "Evernote" is running then
        activate
    else
        activate
        delay 1
    end if
    set opened_windows to every window
    if opened_windows is not {} then
        repeat with the_window in opened_windows
            set the_name to name of the_window
            if the_name is THE_NOTEBOOK & " — Evernote" then
                if (visible of the_window) is true then
                    set visible of the_window to false
                end if
                set visible of the_window to true
                return
            end if
        end repeat
    end if
    open collection window with query string "notebook:" & THE_NOTEBOOK
end tell
広告を非表示にする