読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac +「Run Script Over SSH」 超簡単 openコマンドの使い方

その他 その他-Tips

リモートコンピュータに接続し、スクリプトを実行する「Run Script Over SSH」アクションは大変便利ですが、使いこなすにはシェルスクリプトやその他のプログラミング言語の知識が必要なため、なかなかハードルが高いアクションです。

今回は、特別な知識が不要でそこそこ使いでのある、Macのopenコマンドの使い方を紹介します。

WorkflowからMacSSH接続するための設定は、Run Script Over SSHを参照下さい。

openコマンドでできること
  • ファイルを開く
  • フォルダを開く
  • URLを開く
  • アプリを起動する
  • アプリにファイルやフォルダ(の中のファイル全部)やURLを渡す

基本

open "開きたいもの"

openスペースに続いて、開きたいものをダブルクォーテーションで囲って記述します。
開きたいものの部分には、ファイルのフルパス、フォルダのフルパス、URLを記述します。

jpegファイルをデフォルトアプリケーションで開く

open "/Users/ユーザ名/Downloads/abcde.jpg"

DropboxフォルダをFinderで開く

open "/Users/ユーザ名/Dropbox"

あるいは

open "$HOME/Dropbox"

Googleをデフォルトブラウザで開く

open "https://www.google.co.jp"

アプリを起動する

open -a "英語のアプリ名"

英語のアプリ名は、"◯◯.app"の◯◯の部分です。 スペースや、大文字小文字も正確に。

アプリ名がFinder上で日本語表記になっているものは、「情報を見る」を開き、中ほどにある「名前と拡張子」の項目で英語名が確認できます。

Chromeを起動する

open -a "Google Chrome"

アプリにファイルやURLを渡す

open -a  "英語のアプリ名" "渡すもの"

渡すものの部分には、ファイルのフルパス、フォルダのフルパス、URLを記述します。

GoogleFirefoxで開く

open -a "Firefox" "https://www.google.co.jp"

jpegファイルをSkitchで開く

open -a "Skitch" "/Users/ユーザ名/Downloads/abcde.jpg"

複数開く

open "開きたいもの1"
open "開きたいもの2"
...

▼複数のjpegファイルをデフォルトアプリケーションで開く

open "/Users/ユーザ名/Downloads/abc.jpg"
open "/Users/ユーザ名/Downloads/def.jpg"

GoogleYahoo!Chromeで開く

open -a "Google Chrome" "https://www.google.co.jp"
open -a "Google Chrome" "http://www.yahoo.co.jp"

アプリのURLも開ける

Evernoteのノートリンクを開く

open evernote:///view/◯◯◯

▼OmniFocusのタスクのリンクを開く

open omnifocus:///task/◯◯◯

もっと色々やりたい時の参考

コマンド/open - MacWiki

広告を非表示にする