読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サードパーティのアプリでもツイートアクティビティが見たい。「Tweet Activity」

その他 その他-ワークフロー紹介
f:id:four_or_three:20161216113124j:plain


公式アプリかブラウザでのみ見られるツイートアクティビティを、サードパーティTwitterクライアントから簡単に閲覧できるようにするワークフローです。

Extensionで実行しますので、TweetbotやTwitterrific等の、個別のツイートからシェアシートを呼び出す機能が備わっているクライアントでのみ使用できます。

▼共有メニューから実行すると
f:id:four_or_three:20161216115028p:plain:w250

Safari in-appで表示されます
f:id:four_or_three:20161216113228p:plain:w250

ツイートをしたアカウントであらかじめSafari上でログインしておく必要があります。
ツイートしたアカウントとSafariでログインしているアカウントが異なる場合は、ツイートアクティビティは表示されません。


シェアシートに何が出力されるかはアプリによって異なると思いますので、いろいろな可能性を考えてフローを組みましたが、実際に動作確認ができているのはTwitterrificだけです。
他のアプリで使用してみて、もしうまく動かないようでしたら改造してみてください。

▼この個別ツイートのURLを

https://twitter.com/アカウント/status/ツイートID


▼このように書き換えているだけです。

https://twitter.com/i/tfb/v1/quick_promote/ios/ツイートID


動作した、駄目だった、こう改造した、など教えて頂けるとうれしいです。

インポート

https://workflow.is/workflows/2aada86c076442e5874089d930805b61

広告を非表示にする