読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Save to Photo Album

ブログ移転のお知らせ

このブログは下記URLへ移転しました!

https://iosautomation.net/blog/


Workflow for iOS Wikiの移転先はこちら。

https://iosautomation.net/wiki/

f:id:four_or_three:20160620193537j:plain:w250

inputした画像やビデオをカメラロールの指定したアルバムへ保存し、"その結果生成されたアイテム(Photo media)"を出力します。

【Photo mediaをinputした時の挙動】
"Album"で指定したアルバムにそのPhoto mediaがない場合はPhoto mediaをアルバムへ追加し、すでにある場合は複製が生成されます。


[Input](単体、複数)
写真、ビデオ、オーディオ
(Photo media、Media、画像、リッチテキスト、Evernoteノート、iTunes Products、iTunes media、iTunes artists、Giphyアイテム、Contacts、Bar codes、Locations、App Store apps)

[Result]
保存したアイテム(Photo media)


(例1)

f:id:four_or_three:20160620193636p:plain:w250

保存先に指定したCamera Rollには全てのPhoto mediaが入っている(inputするPhoto mediaはすでに存在する)ので、複製が生成されます。

Delete Photosの対象は、Save to Photo Albumから出力されたその複製のPhoto mediaです。


(例2)

f:id:four_or_three:20160620193732p:plain:w250

Select Photosで、「アイコン」アルバムに入っていない写真を選ぶとします。

Save to Photo Albumでは、そのPhoto mediaにアルバム情報が追加されます。
例1とは違い、新たなPhoto mediaは生成されていませんので、Delete Photosの対象は最初にSelect Photosで選択したPhoto mediaです。

広告を非表示にする