読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正規表現(1)

その他 その他-正規表現について

Match TextやReplace Textで必要となる正規表現について、Workflowを使うにあたって必要になりそうな事柄に絞って書きたいと思います。

Workflow活用の一助となすことが目的ですので、説明等においては厳密さより平易さを優先します。
すでに正規表現を使いこなしている方が読んで得られるものはありません。

正規表現(せいきひょうげん、英: regular expression)とは、文字列の集合を一つの文字列で表現する方法の一つである。

引用 - 「正規表現」(2016年3月23日 (水) 08:03)『ウィキペディア日本語版
 

長いテキストから自分が必要とする部分を検出して取り出すために使うのが正規表現です。
「文字列の検出に使う特殊な文字」をメタ文字と呼びます。+とか$とか^とか、暗号みたいなアレです。

メタ文字を直訳すると、

「文字を超越した文字」

つまり、普通の文字より高次元な、特別な役割を持った文字です。

文字列の検出は基本的に、目印となる「普通の文字」と、メタ文字を組み合わせて行います。

具体的な説明に入る前に申し上げておきたいのは、正規表現は難しくない、という事です。HTMLのタグ打ち程度の難易度と言ってしまっていいと思います。覚えるべき事柄も多くありません。正規表現とはこういうモノだ、という前知識を得ておいて、「メタ文字一覧表」みたいなものを参照しながら組んでいくだけで目的を果たすことができます。

次回から、メタ文字の説明に入ります。

広告を非表示にする