読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Continue Workflow in App

ブログ移転のお知らせ

このブログは下記URLへ移転しました!

https://iosautomation.net/blog/


Workflow for iOS Wikiの移転先はこちら。

https://iosautomation.net/wiki/

f:id:four_or_three:20160322230215p:plain:w250

Action ExtensionやToday Extensionで実行したフローを、Workflowのアプリ本体にスイッチします。iOS9からの機能である"戻るボタン"を利用したい場合、x-callbackを使って連続処理を行いたい場合などに使用します。
例を参考にしてください。Apple Watchについてはよくわかりません。


(例1)Continue Workflow in Appを入れない場合

f:id:four_or_three:20160322230239j:plain:w250
SafariGoogleのトップページを表示した状態で、共有メニューからExtensionでこのフローを実行すると、

f:id:four_or_three:20160323013340p:plain:w250
SafariからChromeへスイッチしますが、左上に「〇〇に戻る」ボタンが出ないので、フローの続きをするのが面倒です。ちなみにこの場合、フローはSafari上で実行されているので、WorkflowアプリではなくSafariに戻らないとフローの続きはできません。


(例2)Continue Workflow in Appを入れた場合

f:id:four_or_three:20160322230419p:plain:w250
このフローをSafariGoogleのトップページからExtensionで実行すると、SafariからWorkflowアプリ本体にスイッチした後、

f:id:four_or_three:20160323013408p:plain:w250
Chromeで開きます。左上に「Workflowに戻る」ボタンが出ました。ボタンを押すと、

f:id:four_or_three:20160322230603p:plain:w250
フローの続きが処理されて、

f:id:four_or_three:20160322230625p:plain:w250
Safariへ戻ることができました。

広告を非表示にする