読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Make HTML from Rich Text

InputしたリッチテキストをHTMLに変換します。 Make Full Document ON : HTML文書全体を出力 OFF : 可能であれば、部分的なHTMLを出力 [Input](単体) リッチテキスト [Result] HTMLで記述されたテキスト 例1 Make Full Document : ON 例2 Make Full Docume…

Get My Workflows

デバイスに保存されているワークフローを全て取得します。 取得できるのは"ワークフロー名.wflow"というファイルで、これをWorkflowアプリへ読み込ませることによりワークフローをインポートできます。 いわゆるOpen In機能で読み込む必要があります。これは…

Workflow 1.6.1 CHOCOLATE CROISSANT 更新内容 (2016年12月9日)

https://workflow.is/whatsnew 概要 ワークフローのGalleryに"Recently Added"のセクションを設置 7つの新規アクションを追加(for Bear and Opener) 「Loge Health Sample」アクションにリプロダクティブヘルス、マインドフルネス、睡眠のサポートを追加 …

Delete Notes

InputしたEvernote note(Get Notes、Append to Note、Create New NoteのResult)を削除します。 Confirm Before Deleting ON : 実行前に確認する OFF : 確認ダイアログを出さず削除を実行 ここでの設定に限らず、削除するノートの数が10以上の場合は確認ダ…

iOSでリマインダーを印刷する唯一の手段かも 「Share Reminder」

iOSの標準リマインダーには、リストを複数人で共有する機能があります。 とても便利で強力な機能ですが、相手もiOSでなければ使用できません。 Androidやガラケーを使用している相手と共有する手段は用意されていないようです。 このワークフローを利用する…

Macの標準の機能だけでSpark for Macのキーボードショートカットを有効化できます

どういうキーワードかはわかりませんが、前回の記事にGoogle検索から来られる方が多いので、AlfredのPowerpackを必要としない方法を紹介しておきます。 これはSparkに限らず、全てのMacアプリで有効な方法です。 例として、"command + shift + N"で新着確認…

Spark for Macのキーボードショートカットを有効化するAlfred Workflow

実は「ワークフロー紹介」というカテゴリー名の前には省略されている文言があって、省略せずに書くと・・・ というネタを繰り返すのもどうかと思いましたので、新しいカテゴリーを作りました。 ブログタイトルと食い違うのはどうにもならないですけど。 Alfr…

Get Notes

指定した条件でEvernote内を検索し、作成日が新しい順にノート(Evernote note)を取得します。 条件はAND条件で、全てoptional。 Title Search (optional) ノートタイトルの全部または一部を記入 完全一致かどうかは関係なく、ここに書き入れた文字列がタイ…

Append to Note

指定した条件でEvernoteのノートを探し出し、InputしたアイテムをNotebodyに追記します。 Inputは"Anything"となっていますが、アイテムによっては追記に失敗する場合もあるようです。 フロー上でエラーは出ませんが、ResultがNo Itemになるので検出は可能。…

Create New Note

InputしたアイテムをNotebodyとしてEvernoteに新規ノートを作成します。 Inputは"Anything"となっていますが、アイテムによってはノートを作成できない場合もあるようです。 フロー上でエラーは出ませんが、ResultがNo Itemになるので検出は可能。 Note Titl…

Get Contents of URL

InputしたURLに対してHTTPリクエストを送信します。 ファイルのURLをInputしてファイルをダウンロードしたり、ウェブページのURLをInputしてリッチテキストを取得したりするリクエストを実行するのが最も単純な利用例ですが、より複雑なリクエストをWeb API…

[Tips]Workflowでテキストの改行コードをLFに変換する方法

Workflowの外部から取り込んだテキストをMatch TextやReplace Textであれこれ加工しようとして、さっぱりうまくいかない事があります。 これはだいたいが、そのテキストで使用されている改行コードがLFではないためで、Workflowの正規表現でマッチさせるため…

Make Markdown from Rich Text

Inputしたリッチテキストをマークダウン記法のテキストに変換します。 [Input](単体) リッチテキスト [Result] テキスト(Markdown) 例

個別のipaファイルからURLスキームを抽出するAutomatorアプリ

実は「ワークフロー紹介」というカテゴリー名の前には省略されている文言があって、省略せずに書くと「WorkflowかAutomatorのワークフロー紹介」となるのですが、全部書くと長すぎるので「ワークフロー紹介」としています。 うそです。 ・・・というわけで、…

Workflow 1.6 CHICLETS 更新内容(2016年11月18日)

https://workflow.is/whatsnew 大きな変更点 Galleryを再設計した Galleryを検索できるようになった ワークフロー投稿者のプロファイルを設定、閲覧できるようになった 改善 アプリ全体のデザインを改良して煌びやかにした Choose from List 選択肢を選ぶ際…

Delete Files from Dropbox

InputしたDropbox itemをDropbox上から削除します。 Confirm Before Deleting ON : 削除する前に確認ダイアログを表示 [Input](単体、複数) Dropbox items [Result] なし(No item)

Append to Dropbox File

InputしたテキストをDropbox上のテキストファイルに追記します。 存在しないファイルを指定した場合は、新規作成されます。 Mode Append : 文末に追記 Prepend : 文頭に追記 Make New Line ON : 改行して追記 OFF : 改行せず追記 [Input](単体) テキスト […

Get Dropbox Link

Dropbox itemをInputし、共有リンクのURLを出力します。 このアクションにInputしたDropboxのファイルは、dropbox.comでリンクを削除するまで共有状態となります。 Short URL ON:短縮URLを生成 [Input](単体、複数) Dropbox items [Result] URLs

Create Folder in Dropbox

Dropboxにファルダを作ります。 すでに存在するフォルダを指定するとエラーが出ます。

Get Travel Time

FromからInputへの移動にかかる時間の概算値を出力します。 この移動時間はGoogleマップによるもので、実行時の交通機関の状況が加味されています。 Transportation Mode Driving:車で移動 Biking:(エラーが出る) Walking:徒歩 Transit:交通機関 [Inpu…

[Mac]自宅のIPアドレスの変更を検出してLINEに通知するコピペスクリプト

更新履歴 ▼2017年2月19日 シェルスクリプト本体を修正しました。 IPアドレスの取得に利用しているサイトを一部入れ替え 空文字を取得した場合にエラー処理するようにした MacのグローバルIPアドレスの変更を自動で検出し、LINE Notifyで通知を出すシェルスク…

Workflowで設定appのURLスキームを起動する方法

Workflowじゃなくてもメモ帳でも何でもいいんですが。 復活した設定appのURLをWorkflowでウィジェット以外から開こうとすると、「そんなアプリは無い」と言われます。 そこで、設定appを直接開くのではなく、間にLaunch Center Proをかませます。 手順 (1)…

Set Brightness

画面の明るさをセットします。 明るさはスライダーの他に、0〜1の間の小数(小数第15位まで)で指定することができます。 このアクションはInputに対して何もせずそのまま出力します。 例

Get Dictionary Value

InputしたDictionaryから、Keyを指定してValueを取得します。 バックスラッシュでエスケープされていた文字は、エスケープを外して出力されます(例1)。 ValueがArray(配列)の場合は、値がリストに展開されて出力されます(例2)。 All Keys 全てのKeyを…

Set Dictionary Value

InputしたDictionaryに対し、Keyを指定してValueを更新します。 エスケープが必要な文字は自動的にエスケープ処理されます。 存在しないKeyを指定した場合は、そのKeyとValueのペアを追加します。 Valueのタイプ指定は不可。 全てTextとして処理されます(例…

Dictionary

Dictionary(KeyとValueのペア)を出力します。 エスケープが必要な文字は自動的にエスケープ処理されます(例を参照)。 Valueのタイプによる違い Text:文字列 Number:数字 Array:配列(複数の値が入っているもの) Dictionary:KeyとValueのペア Boolea…

「Evernote Tag Widget ver.2」単独動作、非公開リンク、iPadとの同期

更新履歴 日付をタップすると展開します。 ▼2017年1月26日 ・11件以上のノートを取得、表示できるようにした 10件を超えた場合は、9件ずつに分割して表示されます。 10件以内に収める使い方をする場合は、2017年1月20日に公開したバージョンのほうが表示が速…

新しくなった『Get Contents of URL』を使ってみる(修正)

昨日の記事は、取り上げた例がまずくて読んでもよくわからないものになってしまったので、削除して書き直しました。 一番最初の例の部分だけ変わっています。 先日のアップデートにより、Get Contents of URLの機能が大幅に強化され、幅広いWeb APIの利用が…

Workflow 1.5.3 更新内容(2016年10月19日)

概要 『Get Contents of URL』アクションが大幅アップデート カスタムヘッダーとPOSTメソッド、PUTメソッドをサポートし、様々なWeb APIを利用できるようになった 『Make Zip』『Unzip』がアップデートし、色んなアーカイブファイルを扱えるようになった Dic…

Copy to Clipboard

Inputしたアイテムをクリップボードにコピーします。 Local Only ON:クリップボードの内容はデバイス上だけで使用可 OFF:ユニバーサルクリップボードを通して他のデバイスでも使用可 Expire At 指定した日時でクリップボードの内容を破棄 (現バージョンで…

Apple Musicの聴き流しをサポートするワークフロー「Flag & Skip」

再生中の曲をストック専用のプレイリストに登録し、次の曲にスキップするワークフローです。 Apple Musicでレコメンドされた曲を聴き流しする時などに使うと便利だと思います。 ウィジェット上での使用を想定しています。 次の3種類の動作が可能です。 常に…

Set Volume

デバイスのシステムボリュームをセットします。 セットする音量はスライダーの他に、0〜1の間の小数(小数第7位まで)で指定することができます。 このアクションはInputに対して何もせずそのまま出力します。 (例)

Filter Articles

InputしたArticle(Get Items from RSS Feed、Get Article from Web PageのResult)をフィルターにかけ、条件に適合するものを出力します。 ■メインのフィルター Any of the following are true:いずれかの条件にマッチ(OR条件) All of the following are…

Random Number

Minimum以上Maximum以下の整数をランダムに出力します。 [Result] 数字

Get Headers of URL

InputしたURLのHTTPヘッダをDictionaryで取得します。 HTTPヘッダについての参考ページ。 第4回 CDN の 仕組み HTTPヘッダとは | REDBOX Labo [Input](単体) URL [Result] Dictionary (例)

「Filter Files」でテキストをフィルタリングしよう

「Filter Files」アクションを使用した、テキストのお手軽かつそこそこ高度なフィルタリングを紹介します。 まずは前準備として、テキストにおけるNameとは何か、ということを説明するために、Get Nameアクションの実行結果を3例。 この3つの実行結果から、 …

Filter Event Attendees

InputしたEvent attendees(イベントの予定出席者:Get Details of Calendar EventsのResult)をフィルターにかけ、条件に適合するものを出力します。 ■メインのフィルター Any of the following are true:いずれかの条件にマッチ(OR条件) All of the fol…

週間天気ウィジェットの完成版

記事タイトルには、そうであったら(不具合が出なかったら)いいなあという希望を込めています。 このエントリーでは、Workflowではなくこちらのアプリを使用します。 MyMemo - メモウィジェットを App Store で 前回からの変更点 CDNからその都度読み込んで…

Make Rich Text from Markdown

Markdown記法で記述したテキストをInputし、リッチテキストへ変換します。 段落内の改行コードを改行として処理する仕様になっているようです(例2)。 リストなどは改行処理はされないようです(例3)。 [Input](単体) テキスト(Markdown) [Result] リ…

MyMemoだけで動作する週間天気ウィジェット

この記事の内容は古くなっています。 最新版はこちら。 週間天気ウィジェットの完成版 ワークフローとして紹介した「週間天気ウィジェット」をMyMemoだけで動作するようにした、MyMemoスクリプトを紹介します。 ワークフロー紹介のカテゴリーに入れています…

ウィジェットで表示した選択肢が押せない不具合の一時的な対処法(iOS10)

iOS10にアップデートしてから、Workflowのウィジェットで表示した選択肢やOKといったものを押しても何も起こらないという不具合が発生しています。 Workflowの次回アップデートで修正されると思いますが、それまでの一時的な対処法を紹介します。 やり方は簡…

Calculate

Inputした数字を使用して計算を実行し、結果を出力します。 Operation:実行する演算 Operand:2番目の被演算子(Inputが1番目) Scientific Operation(Operationで...を選択) ・Modulus:InputをOperandで割った余りを出力 ・abs(x):Inputの絶対値を出力…

経過時間を読み上げる「経過時間告知」

1分経過するごとに時間経過を告げるだけのワークフローです。 怠惰な時間を過ごす際に起動し、時間経過とともに罪悪感が芽生え成長することに期待する、というような目的に適しているような気がします。 インポートはこちらから。 https://workflow.is/workf…

Filter Images

Inputしたアイテムに対して画像の条件によるフィルターをかけ、条件に適合するアイテムを出力します。 Inputのアイテム数が0の場合はこのアクションは何もせず素通りしますが、1つでもある場合は、その中に最低1つはこのアクションの対象となるアイテム(Pho…

Dictate Text

マイクからの音声入力を音声認識にかけ、テキストとして出力します。 要iOS10。 エラーが出る場合に確認するところ。 設定 → Siri → Siriにチェック [Result] テキスト

Get Details of iTunes Artist

iTunes artists(『Search iTunes Store』でResultをArtistsに指定したときのResult)をInputし、詳細を取得します。 Genre:ジャンル Type:Artist、Movie Artist等 Store ID:iTunes StoreのID Store URL:iTunes StoreのURL Artwork:(不明) Artwork UR…

WorkflowのURLスキーム

Workflowの単純起動 workflow: ワークフローの実行 workflow://run-workflow?name=[name]&input=[input] ・name 実行するワークフローの名前。 URLエンコードを済ませたものを[name]の部分に書き入れます。 name=Quick%20Look "Quick Look"という名前のワー…

App Storeの説明文、更新内容とクリップボードのテキストを翻訳する「翻訳」

2017年3月23日のWorkflowのアップデートでTranslate Textの仕様が変わったため、このワークフローは正常に動作しなくなっています。 フローを修正しました(2016年10月7日) ▼変更点(タップで展開) ・アプリの検索に失敗した場合にアラートを表示するよう…

Show Notification

ローカル通知を表示します。 Inputに画像やメディアファイル(動画、音声)が含まれる場合は、一番先頭にあるものを通知に使用します。(iOS10) [Input](単体、複数)(optional) 画像、Media [Result] Inputをそのまま出力

Send Message via Line

2017年3月24日のWorkflowのアップデートで、このアクションは削除されました。 代替となる方法を ↓ のエントリーで紹介しています。 LINEでメッセージを送信する方法 - Workflow for iOSの覚書 Inputしたテキストや画像を本文としてLINEでメッセージを投稿し…