読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Workflowの公式ガイドがリリースされました

その他 その他-Tips

Workflowのウェブサイトにドキュメンテーションのページができました。

Documentation - Workflow

初心者向けの内容から中・上級者向けのTipsまで、結構なボリュームです。
当然全て英語なので、そのままでは日本人の初心者が参考とするのは少し辛いものがありますが、賢くなったGoogle翻訳を利用すれば普通に読めてしまいます。

日本語の目次を作りました(ほぼGoogle翻訳で)。
リンクタップで、Google翻訳で日本語に翻訳されたページが開きます。

入門
ワークフローの作成
ワークフローの管理
高度なワークフロー
ワークフローを実行するその他の方法

Show in Calendar

Actions Actions-Calendar

f:id:four_or_three:20170310212517p:plain:w250

InputしたアイテムからDateを抽出し、標準カレンダーでその日付を開きます。
説明書きに記述されているアイテムの他、日付が書かれたテキスト、日時が設定されているリマインダーなどもInput可能。


[Input](単体)
Date、カレンダーイベント、Time interval

[Result]
Inputをそのまま出力

ウィジェット内で実行できるショートカットウィジェット「Launch Workflow」

その他 その他-ワークフロー紹介

f:id:four_or_three:20170306134759j:plain:w500

更新履歴

日付をタップすると展開します。



ワークフローを実行するショートカットをウィジェットに簡単設置するワークフローです。
ウィジェット上の専有面積を増やさずに設置できます。

f:id:four_or_three:20170306134835p:plain:w250

▼こちらのワークフローに手を加えたもの
ワークフローのショートカットウィジェット「Workflow Launcher」 - Workflow for iOSの覚書

ワークフローの起動URLをOpen URLsしていた部分を、Run Workflowに置き換えました。
ウィジェット内(Today Extensionの中)で動作するようになって、使い勝手が格段に良くなりました。

登録項目を「LaunchWorkflow.txt」という名前でiCloud DriveのWorkflowフォルダに保存します。(前のワークフローのテキストファイルは「workflowlauncher.txt」)

インポート

▼2017年3月23日の修正版
https://workflow.is/workflows/4bd09f9cd652403e836893cca23225dc

使い方

  1. Run Workflow → Setting を選択
    f:id:four_or_three:20170306134852p:plain:w250
  2. ワークフローの一覧が出るので、ショートカットを設置するワークフローを選択
    f:id:four_or_three:20170306154250p:plain:w250
  3. ABC順か手動設定か選択
    f:id:four_or_three:20170306134922p:plain:w250
  4. 手動の場合はウィジェットに表示する順に1つずつ選択
    f:id:four_or_three:20170306134935p:plain:w250

登録できるのは10件までです。

11件以上登録するには

あまりないと思いますが、11件以上登録したい場合はワークフローを複製して配置することで対応が可能です。
フローの先頭のTextアクションが、登録項目を記述したテキストをiCloud Driveに保存する際のファイル名になっていますので、これを別の名前に変更するとそれぞれのワークフローが独立して動作できるようになります。

自作アクション紹介「UNIX Time」

その他 その他-自作アクション紹介

f:id:four_or_three:20170303205528p:plain:w250

コンピュータ上での時刻表現の一つに、UNIX時間というものがあります。
1970年1月1日午前0時0分0秒(UTC)からの経過秒数で表されます。

このワークフローにDateをInputするとUNIX時間に変換し、UNIX時間を記述したテキストか数字をInputするとDateに変換します。

Web APIを利用する時など、たまーに必要になる事が…そんな事があるかもしれません。
まあそんな事はめったにないわけですが、アクションを自作するとはこんなものなのだなあという参考までに。


[Input](単体)
Date、テキスト、数字

[Result]
数字、Date

インポート

https://workflow.is/workflows/f27920c7117c4dc0b4878f35bc752c41


例1

f:id:four_or_three:20170303205545p:plain:w250

例2

f:id:four_or_three:20170303205558p:plain:w250

Run Workflow

Actions Actions-Scripting

f:id:four_or_three:20170302170111p:plain:w250

ワークフローをサブルーチン(自作アクション)として使用するためのアクションです。
InputしたアイテムをWorkflow Inputとして指定したワークフローを実行し、ワークフローのResultを出力します。

  • Show While Running
    ONにするとワークフローの動作が展開表示され、処理が格段に遅くなります。
    OFFでも選択肢など必要なものは全て表示されますので、通常はOFFでいいでしょう。

[Input](単体、複数)
なんでも

[Result]
なんでも


ワークフローの一部をサブルーチンで置き換えるメリット
  • その部分の使い回しができる
  • ワークフローが縦に短くなって見通しが良くなる
  • Repeatのbreak(ループを抜ける)ができる
    • Run Workflow内でRepeatさせ、ループを抜けたいところにExit Workflowを配置する
デメリット
  • ワークフローのシェアが手軽でなくなる
  • My Workflowsの数が増えて管理が大変

ワークフローのResultとは

ワークフローが正常に終了した時のフロー上のアイテム。

例1

ワークフローが完走した時のアイテムがResultになる例
f:id:four_or_three:20170302170209j:plain

例2

Exit WorkflowにInputされたアイテムがResultになる例
f:id:four_or_three:20170302170227j:plain

自作アクションの例

自作アクション紹介「UNIX Time」 - Workflow for iOSの覚書

Workflow 1.7.1 INKA CORN 更新内容(2017年3月2日)

その他 その他-未分類

https://workflow.is/whatsnew

大きな変更点

  • Run Workflowアクションを新規追加
    • ワークフローを自作のアクションとして使用できるようになった
  • ワークフローのアイコンを刷新
  • マジック変数を編集する機能(詳細抽出、タイプ変換、リネーム、Reveal Action)が全てのフィールドをサポート
    • リストアップされるタイプ、数字のキーボードが出現するタイプのフィールドで利用可能になった

新規アクション

  • Run Workflow
    f:id:four_or_three:20170302130005p:plain:w250

改善

  • List
    • リストの項目に使用した変数内に入っているアイテムをそのままのタイプで使用できるようになった(テキスト以外のアイテムがテキストに変換されなくなった)
  • ホーム画面からワークフローを実行した際の起動画面を更新
  • Health sampleアイテムに"Duration"プロパティを追加
  • Add 2Do Task
    • “Locations"プロパティを追加
  • Get Details of iTunes Products
    • 書籍の詳細を取得する"Description"プロパティを追加
  • Adjust Date
    • 以下の取得が可能になった
      • 年始
        2017/01/01 0:00:00
      • 月の始まり
        2017/03/01 0:00:00
      • 日の始まり
        2017/03/02 0:00:00
      • 時間の始まり
        2017/03/02 21:00:00
      • 分の始まり
        2017/03/02 21:33:00

バグフィックス

  • アクション内でタイピングする時にカーソルがフィールドの最後にジャンプする不具合を修正
  • 変数とRepeatブロックに起因する、特定のワークフローが開けない不具合を修正
  • iOS9以前において、URLスキーム経由でワークフローを起動するとクラッシュする問題を修正
  • Find Calendar Event
    • 不正なカレンダーにおいて、カレンダーを変更するとクラッシュする問題を修正(?)
  • Send Email
    • いくつかの種類のファイルを添付した時にクラッシュする問題を修正
  • “End Repeat"をドラッグした時にスクロールしつづける不具合を修正
  • Save with Transmit
    • いくつかの種類のファイル(zip等)が正常にアップロードされない不具合を修正
  • Filter系アクションにおいて、"Last Played Date is in the last 20 years"のような条件のフィルタリングが機能しない不具合を修正
  • Find Health Samples
    • ヘルスデータへのアクセスが許可されていないと間違って表示される不具合を修正